僕はただゲームする

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はただゲームする

艦これを中心としたゲーム攻略ブログ

【艦これ】17年以降着任版 連合艦隊の組み方-初級編ー

攻略 連合艦隊 イベント

 

連合艦隊は第一艦隊と第二艦隊を最大12隻編成して作る特別な艦隊です。

現状は春夏秋冬の期間限定イベントでのみ用いられます。通常海域では使用することがないですが、イベントでは必ず登場します。

ここでは基本的な編成例をご紹介します。

 

<第一艦隊>  

水上打撃部隊:戦艦4隻/軽空母2隻or正規空母1隻&あきつ丸1隻  

空母機動部隊:戦艦2隻/空母系4隻  輸送連合:駆逐4隻/航戦or航巡or水母2隻

<第二艦隊>  

水上型深海棲艦   

戦艦1隻/重巡1隻/雷巡1隻/軽巡1隻/駆逐2隻(道中安定型)   

重巡2隻/雷巡1隻/軽巡1隻/駆逐2隻(ハイリスク・ハイリターン型)  

 

陸上型深海棲艦   航巡2隻/雷巡1隻/軽巡1隻/駆逐2隻(随伴掃討型)   

戦艦1隻/航巡2隻/軽巡1隻/駆逐2隻(旗艦スナイプ型)  

 

輸送連合   

軽巡(旗艦固定)1隻/重巡2隻/駆逐3隻

 

 

【目次】

・第一艦隊   水上打撃部隊/空母機動部隊/輸送連合  

・第二艦隊

  水上型深海棲艦    道中安定型/ハイリスク・ハイリターン型

  陸上型深海棲艦    随伴掃討型/旗艦スナイプ型

  輸送連合    輸送連合

 

【第一艦隊】

・水上打撃部隊

水上打撃第一.png

 戦艦4隻/軽空母2隻 or 正規空母1隻&あきつ丸1隻   

戦艦最大4隻を要する殴り合い艦隊です。高火力・高耐久が売り。

 

戦艦4隻ということで金剛型を載せていますが、長門型や大和型などの低速戦艦でさらに火力・耐久を上げることも可能。

空母系は正規空母1隻もしくは軽空母2隻で互換可能。出撃海域の必要制空値に応じて編成や装備を調整してください。ちなみに画像の編成と装備で制空値:282です。

 

正規空母を採用の場合、空母枠に入らない揚陸艦・あきつ丸がいると制空補助ができます。

 

・空母機動部隊空母機動第一.png

戦艦2隻/空母系4隻  

空母最大4隻による機動部隊です。強力な開幕攻撃が特徴となっています。

装甲空母大鳳や同・翔鶴改二甲/瑞鶴改二甲を用いることで非常に高い殲滅力を発揮します。 正規空母/軽空母を最大4隻編成可能。

 

出撃海域の必要制空値に応じて編成や装備を調整してください。ちなみに画像の編成と装備で制空値:521です。

 

空母総数でルート分岐される場合、揚陸艦・あきつ丸がいると制空補助ができます。

 

輸送連合

輸送第一.png 

駆逐4隻/航戦or航巡or水母2隻  駆逐4隻を基幹とする輸送連合です。ドラム缶での資源輸送を目的としています。

 

睦月・如月などの大発動艇が搭載できる艦娘がいると輸送量を上昇させて、ゲージ減少量を増やすことができます。

 

航巡にドラム缶、水母はドラム缶に加えて大発動艇も積むことができるので、被弾が増えても早く終わらせたい場合は選択肢に入れることができます。

 

駆逐艦4隻が編成条件となっているため、残り2枠を航戦/航巡/水母の中から選択します。

 

制空値に関しては今まで求められることがなかったですが、これからは基地航空隊などで補っていくことが予想されます。 また、二式水戦やRo.44といった水上戦闘機(水戦)があると制空権確保しやすくなるでしょう。

 

もしくは揚陸艦・あきつ丸での制空補助が必要となるかもしれません。 ちなみに画像の瑞雲2つで制空32です。敵に軽空母がいると制空権優勢すら厳しいです。

 

 

【第二艦隊】

水上型深海棲艦

・道中安定型第二水上安定.png

戦艦1隻/重巡1隻/雷巡1隻/軽巡1隻/駆逐2隻(道中安定型)

戦艦を入れて物理的な耐久を上げた道中安定型です。戦艦や重巡の代わりに先制雷撃の雷巡を3隻まで増やすこともできます。

 

戦艦・巡洋艦級を弾着観測射撃の装備にすることでボス戦においても安定した火力を期待できます。しかし、ゲージ破壊の段階に入ると火力不足の場面も出がちなので、不足を感じたら下記の編成装備を少し取り入れると旗艦撃破しやすくなります。  

 

・ハイリスク・ハイリターン型第二水上ハイ.png 

重巡2隻/雷巡1隻/軽巡1隻/駆逐2隻(ハイリスク・ハイリターン型)

駆逐2隻と重巡1隻を魚雷カットイン装備にして、軽巡を夜戦連撃特化にした高火力編成です。

 

この装備は夜戦装備(夜偵・照明弾・探照灯)でカットイン発動率と火力を高められますが、発動するかどうかが艦娘自身の運に左右されるので非常にピーキーな編成・装備になっています。

 

カットインで不発が目立つとき(特に妙高)は発動率に補正がかかる旗艦と順番入れ替えをしたり、熟練見張り員でカットインの補助を。

 

一番いいのはまるゆでの運上昇ですが、一朝一夕でできることではないので長い目で見ることをおススメします。目安は60ほど

 

正直、この記事で紹介するのをためらいましたが、乙・甲攻略を目指すならいずれ必要となるので載せておきます。何より魚雷カットインってかっこいい!

 ◆Topへ戻る   

 

 

陸上型深海棲艦  

・随伴掃討型陸上随伴掃討.png

航巡2隻/雷巡1隻/軽巡1隻/駆逐2隻(随伴掃討型)  

上3隻で随伴を落として、フィニッシャーの3隻でボスを狙う随伴掃討型の編成です。

 

入手手段の絞られるWG42(対地特効装備)が少なくて済むのが特徴。

通常連撃やカットイン艦が陸上型を狙ってしまうと悲惨なことになりますが、うまくハマると4番艦以下がのびのび仕事できます。

 

敵随伴の水上・陸上の割合でこちらも対地特効の割合を変えていく必要があります。  

 

・旗艦スナイプ型

戦艦1隻/航巡2隻/4スロ軽巡1隻/駆逐2隻(旗艦スナイプ型)

積めるだけ対地装備を積んで旗艦だけ狙うスナイプ型です。2016冬イベントからにわかに注目を浴びた大淀ロケランを筆頭に三式弾を含む主砲CIの戦艦、三式WG航巡、WG内火艇の駆逐・・・必殺の布陣です。

 

問題は戦艦棲姫や駆逐古姫など耐久・装甲値の高い水上艦が随伴にいる場合、人?払いができないこと。

お祈りの時間です

 

輸送連合  

・輸送連合

輸送第二.png

軽巡(旗艦固定)1隻/重巡2隻/駆逐3隻  

S勝利および旗艦撃破をする必要がない(A勝利以上で輸送ゲージを減らしきれば突破できる)ため、徹底して安定装備。

 

駆逐古姫など装甲が高めの深海棲艦が随伴にいる場合は旗艦の軽巡駆逐艦などを魚雷カットイン装備で調整するといいと思います。

 

航巡、水母を編成することもできますが、残念ながら第二艦隊の航空機は飛ばない(航空戦に参加しない※)ので拘りがなければ重巡安定です。

 

※2016秋イベントより仕様変更

連合vs連合の戦闘では第二艦隊の艦載機・瑞雲も航空戦に参加するようになりました。これにより第二艦隊に軽空母を編成することで大幅に制空値補助が可能に。

その代わり航巡などの搭載数の少ない水上爆撃機はツ級の脅威に晒され、落とされると昼連撃ができなくなります。

広告を非表示にする