僕はただゲームする

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はただゲームする

艦これを中心としたゲーム攻略ブログ

「ブログが書けない・・・」ブログ初心者に贈るブログの書き方【書けない原因・記事の書き方】

ブログ ブログの運営

f:id:you-on-the-horizon1987:20170306120532j:plain

 

私、ブログ始めて2か月になります。

 

毎日更新を目標にちまちまと文章を書いています。

 

が! なかなか「ブログを書こう」と思って1時間後には記事ができている、なんてことは無い訳で。

 

 

  • ブログを書こうと思うとまずネタがない(思いつかない
  • 記事の書き方が分からない
  • 文章書けない

こんなことありませんか?

 

 

友達と話しているときはあんなにすらすら喋っているのに。

 

文章として書こうと思うと頭が真っ白になっちゃいます。

 

というわけで今日は自分のこれまでの振り返りも含めて、初心者のための記事の書き方をご紹介します。

 

※この記事の画像はPixabayのものを利用しています。

pixabay.com

 

【目次】

 

書けない原因

f:id:you-on-the-horizon1987:20170306121057j:plain

ブログやり始めの人が記事が書けない原因はいくつか考えられます。

それは、

  1. 上手な文章を書こうとしている
  2. 文字数に気を取られている
  3. 記事の王道が分かっていない

が主な原因として挙げられます。

 

①上手な文章を書こうとしている

ブログを書くにあたって誰しも心の中にある上手な文章ってあると思います。

それは村上春樹さんなどのプロとして活動されている作家だったり、長月達平さんのように好きなラノベ小説家だったり、ヒトデさんなどの有名はてなブロガーだったりするでしょう。

そういったプロの方たちの文章を基準に書くと、記事は書けないです。

 

「だって、初心者だもの」byさとみ

 

はい。

 

やっぱりお手本にしたくなる方たちってそれこそ私たちがゲームしてるときも、マンガ読んでるときも、仕事したくなくてぼーっとしてるときも机に座って文章書いてきた方たちな訳ですよ。

 

同じように書けるわけがない。

 

子どものときから絵を描いてきた人が上手なのは当たり前で、私たちがいざ絵を描けって言われても小学生レベルの絵しか描けないのですよね。

 

だったら最初は小学生レベルの文章だと理解して文章書きましょう。

 

 

②文字数やキーワードに気を取られている

ブログ講座のような記事を検索していると結構出てきます。

  • 1記事500~1000文字以上
  • 流行のキーワードを入れる云々

これはGoogle検索などのSEO検索エンジン最適化※)の対策を考えてのことなんですが・・・、

 

初心者がそんなの意識して書けるか!

 

てそう思います。

現に私は最初の記事は300文字すら書けなかったです。(雑魚

 

今ではそれなりの長文を書けるようにはなりましたが、書きなれていないと原稿用紙一枚分(400文字)もなかなか難しい。

 

キーワードなんて出てくる余裕すらないですよ。

 

最初は「思うがままにわがままに」書きましょう。

B’z The Best“ULTRA Pleasure”(2CD)

B’z The Best“ULTRA Pleasure”(2CD)

 

 

SEO検索エンジン最適化)

SEOとはGoogleなどの検索エンジンに対して、検索の結果いかに上位表示してもらうかというテクニックのこと

 

 

③記事の王道が分かっていない

ブログってみんな好き勝手書いてるように見えますが、実はそうじゃない。

記事にも起承転結のように王道があるんです。

全体像が分からずに勝手気ままに書こうと思っても、慣れた人ならいざ知らず、ブログ初心者にはとてもじゃないけど書けません。

まずは王道を知りましょう

 

 

ブログ記事の書き方とは

f:id:you-on-the-horizon1987:20170306121215j:plain

前の章で「記事の王道を知ろう」と書きました。

では、王道ってなんぞや? というところをお話ししたいと思います。

記事の王道・・・それは、

  • 筆者の近況・時事
  • 目次
  • 本文(実例・感想・ランキング・解決策など)
  • まとめ

です。

 

以下それぞれについて。

 

まえがきの書き方

記事の書き始めの際、いきなりランキングを上げている記事を私は見たことないです。

自分で書いたことがあるとは言えない

やっぱり書物にあるようにまえがきとなる部分が書かれていますね。

内容は筆者の近況や社会の時事ネタなどから本文につながるようなことが書かれてあります。

例えば記事の内容がおすすめの温泉ならこんな感じ。

こんにちは、〇〇です。

最近寒いですね。

朝目が覚めると駐車場の車に雪が積もっていて、思わず雪だるま作っちゃいました。笑

 

こんな寒いとき僕はこたつに入り浸ったり、鍋をしたりして温まるんですが、こうあまりにも寒いと温泉に行きたくなりますよね!

画像

 

僕は昔から温泉が大好きで友達から「温泉マイスター(笑)」と呼ばれるくらいです!

 

 というわけで、温泉マイスターこと僕、〇〇が地元湯布院の超おすすめランキングをご紹介します!

文:里見

書くネタは何でもいいのですが、やはり記事本文に関係するところの方が柿安いかな?

もとい、書きやすいかな?

  • なんでその記事を書こうと思ったか
  • 記事内容とあなたの関係

まず自分が共感しやすい形で書ければグッドですね。

 

ちなみに私は「温泉マイスター(笑)」なんて呼ばれたことないですが、こういう読者から突っ込みやすい文言を入れておくと記事は読まれやすい。

「おまえ笑われとるやんけ!」

 て思わず突っ込みたく・・・なるよね?

 

 

目次の作り方

読んで字のごとくそのまま・・・、なんですがはてなブログには目次ボタンがあります。

f:id:you-on-the-horizon1987:20170305024536p:plain←こういうの

これを押すと、

f:id:you-on-the-horizon1987:20170305034354p:plain

こうなって、

目次にしたい部分を「見出し」にして上げれば、

 

f:id:you-on-the-horizon1987:20170305034501p:plain

こうなります。

簡単にできて、読者としては読みやすくなるのでぜひ活用してみてください。

 

 

本文の書き方

さて、肝心の記事内容です。

書くことは記事のネタに関係して様々ですよね。

 

  • 実例(ex.ブラック企業をやめた理由)
  • 感想(ex.新作ゲーム『スパロボV』の感想)
  • ランキング(ex.おすすめの温泉宿)
  • 解決策(ex.うつ病からやる気を出す方法)

 

などなど。

 

で、私ここが一番難しいなといつも感じるのですが、検索かけて調べても曖昧なことばかり書かれていていつも怒(おこ)です。

会社員時代に上司に分からないところを聞きに行ったら、

「そんくらい自分で考えろ!」

と言われていた気分になってめっちゃ落ち込みましたね。

Twitterでフォローしてるブロガーさんは、

「記事は設定したペルソナ※を考えれば、書くことは自ずと出てくる(キリッ」

みたいなこと書きやがりますからね!

・・・。

(いつも有益な情報ありがとうございます:保身)

 

ちょっと愚痴が入りましたが、書く内容は、

  • あなたが実際に体験したストーリー
  • 実際に撮った写真や動画
  • あなたと同性・同年代・同趣味の人にとっての良い点・悪い点
  • 客観的な感想(Amazonレビューなど)

を中心に書くとまとまります。

商品紹介であれば、これに加えて「価格、保証やサポート、特典、購入方法や返品方法」などを書くとよいでしょう。

 

他サイトから引用してくる場合は、引用元URLなどしっかり書いておくと昨今の著作権問題の流れからすると信頼度が上がるかもしれません。

 

※ペルソナ

氏名や年齢、性別、職業など記事を読んでほしい人の人物像

 

 

あとがき

f:id:you-on-the-horizon1987:20170306121353j:plain

ここには記事全体を通しての感想や、ランキングならその中でも一番のおすすめを書きましょう。

また、マスコットキャラに「今日の一言」としてコメントさせたりもよく見ますね。

記事に対する突っ込みだったり、一番の肝だったり、ズバッと切り込むコメントは読んでいて面白いです。

また、読者の中にはとりあえずまとめから読もうとするタイプの人がいます。

(私は結構そのタイプ)

そういう人向けに簡単に記事のまとめをしておくといいでしょう。

マネタイズを考えているならこのあとに「Amazonアソシエイト」やアフィリエイト広告が来ますね。

 

 

あとがき

長々と書いてまいりました。

ブログ記事を書くなら、

記事の王道を意識して書く!

これ。

ブログを書き始めの方に私が絶対におすすめすることです。

雑記ブログならまずあなたが共感するセリフや体験を中心に書いていけるとなお良いですね。

 

 

★宣伝★

この記事はこちらの「沈黙のWebマーケティング」の内容を意識して書いています。

基本的には企業や個人店舗のWebサイトの集客についての参考書です。

しかし、読んでもらえる記事の書き方やTwitterを使ったアクセスアップの方法など、ブログ運営には欠かせない要素も漫画のストーリー仕立てでしっかり説明されているので、是非一度は読んでほしい本です。

広告を非表示にする