僕はただゲームする

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はただゲームする

艦これを中心としたゲーム攻略ブログ

【andoroid艦これ】外出先でも遠征出したい!提督にオススメする格安スマホDMMモバイル【格安SIMとは】

こんにちは、里見です。

 

みなさん、遠征回してますか??

 

艦これの命といえる資源。

普段のレベリングやイベントの突破、レア艦の堀、大型建造にと艦これは資源がないと始まりません。

 

昨年android版艦これが実装されました。

しかし、これって当然ですが「Iphone」や「ガラケー」ではできないんですよね。

PCでしか艦これが触れないと、

仕事や学校、プライベートで遠征出せない・・・

バイトの拘束時間が長くて艦これに触れない・・・

なんていうこともままあります。

 

「まあ、別にゲームだし」

と割り切ることもできるのですが、この記事では、

  • 大手キャリアの携帯料金が高くて困っている
  • 最低限、電話やネットができればいい

だから、

とにかく安いスマホが欲しい!!

というあなたにもオススメの内容となっています。

 

ちなみに、もし外出先でも遠征を回せるようになると・・・

下の表は10時間の外出で資源回収効率の高い3つの遠征を出したときの獲得資源です。

f:id:you-on-the-horizon1987:20170322050617p:plain

そしてこちらが外出先で3時間に1回android版で遠征を出しなおした獲得資源。

f:id:you-on-the-horizon1987:20170322050218p:plain

※それぞれ大成功させています。

最終的な獲得資源が2倍以上に増えていますね。

「燃料+弾薬」の回収資源は約3倍ほどになっています。

 週5日外出するとして1か月に直すと、約6万ほど資源が増えます

 

【目次】

 

格安SIM「DMMモバイル」のメリット・デメリット

最近、「格安SIM」という言葉よく耳にしませんか?

テレビCMやネットでも耳にされると思います。

「まあ安いんだろうな」

ということはなんとなく分かるんだけど、特に今のスマホに不満がなければ興味もないお話かもしれませんね。

 

しかし、格安SIMってお得なんです。

その理由は、

  • 大手携帯キャリアの半額以下の月額料金
  • ネットや通話の品質は大手キャリアと同じ
  • 乗り換えても電話番号はそのまま

からなんです。

その「格安SIM」でも私は「DMMモバイル」をオススメします。

それは格安SIM業界はライバル業者も多く、それぞれの品質や価格には正直さほど違いが見れないです。

しかし、「DMMモバイル」は

毎月の利用料の10%を「DMMポイント」として還元

してくれるんですね。

艦これの提督であるあなたにとってDMMモバイルがまず最安値であります。

 

スマホ本体買い替えでも月額3,000円という価格

「格安スマホ」を謳うだけあって「DMMモバイル」は安いです。

私がNTTドコモを利用していたときの月額料金は8,000円前後※でした。

※カケホーダイライトプラン(スマホ)+SPモード+データMパック(5GB)

 

これをDMMモバイルで簡単シミュレーションしてみると・・・、

f:id:you-on-the-horizon1987:20170322034156p:plain

なんと6,000円も安くなるという計算結果に。

スマホ本体を買い替えても

f:id:you-on-the-horizon1987:20170322034530p:plainASUS ZenFone3で計算

というお値段。

5,000円分ということは毎月ケッコンカッコカリ用の指輪が7つ買えるということに??

 

安い理由

料金のシミュレーションであまりに値段が違って不安になったかも知れません。

「なんでそんなに安いの?」

DMMモバイルが安い理由、それは

  1. NTTドコモの回線を借りて独自回線の設営や維持、管理費のコスト削減
  2. 回線の単価を下げるために一度に大量の通信料を購入
  3. 店舗を作らず人件費を削減

しているからです。

3はドコモショップのようなサポート店舗のこと。

対面で不具合に対応できない分サポートは薄くなるのですが・・・、このサポートショップに行ったの私は携帯買い替えのときくらいです。

3回ほど機種変更しているので、だいたい2~3年に1回くらいですね。

そんな私からすれば店舗がない分、料金が安いのはありがたいです。

知りたいことがあればネットかサービスセンターに聞けば教えてくれますしね。

DMMモバイルも不具合の問い合わせはもちろんできますよ。

 

ネットや通話の品質は大手キャリアと同じ

DMMモバイルは大手キャリアでもNTTドコモの回線を借りています。

そのため津々浦々、ドコモの電波が届いているとこであれば安定の通話・通信が得られます。

 

乗り換えても電話番号はそのまま

MNPナンバーポータビリティ)という携帯会社乗り換えでの番号継続システムを利用して、現在の電話番号をそのまま利用することができます。

逐一携帯番号変更のお知らせをすることもないです。

ただ、大手キャリアだとこの手続きはショップの方がやって下さるのですが、何分DMMモバイルにはショップがないので乗り換え手続きは自分で行う必要があります。

 

DMMmobile

 

ここまで格安SIMに関してお話致しましたが、ここから実際に利用するにあたってのお話をさせて戴きます。

格安スマホを利用するのに必要な「SIMカード」と「SIMフリー端末」

格安でスマホを使うには必要なものが2つあります。

それは、「SIMカード」と「SIMフリー端末」です。

 

SIMカードってなあに?

SIMカードとは、音声通話やデータ通信をするために必要な電話番号などの情報が入っているICカードのことです。

このSIMカードはDMMモバイルと契約したときに配送されるので、それをスマホ端末に入れて使用することになります。

また、このSIMカードにも「データ通信のみ」と「音声通話(&データ通信)」の2種類があります。

格安スマホをメインで使うなら「音声通話(&データ通信)」のもの

メインは別で持ち、あくまで艦これ用のサブで使うなら「データ通信のみ」

をそれぞれ選ぶとよいでしょう。

 

SIMフリー端末は「ZenFone 3」がオススメ

通常スマホはあなたが契約したキャリアから買った端末と同じキャリアのSIMカードでしか利用できません。

これをSIMロックといいます。

逆にキャリアを問わず、サイズが合えばどこが発行したSIMカードでも音声通話やインターネットができるものをSIMフリーといいます。

そしてフリーのSIMカードが利用できる端末をSIMフリー端末と呼びます。

艦これの推奨環境は、

 【推奨環境】
OS : スマートフォン Android 4.4以上
CPU : 1GHz以上
メモリ : 1GB以上
本体空き容量 : 100MB以上

引用:運営鎮守府からのお知らせ:艦隊これくしょん -艦これ-のコミュニティ - オンラインゲーム - DMM GAMES

ですので、現在のものであれば基本どれでも動きます。

端末はAmazonなどの通販サイト、お近くの家電量販店でも買えます。

またDMMモバイルで大手キャリアと同様、「月額通信料+分割機種代」という形のセットプランも用意されています。

本体をご自分で用意されるなら、DMMの「SIMカード」が使えるかどうかの確認をお忘れなく!

利用する通信量は1~3GB

艦これの遠征で使うだけなら最低値の1GBのプランでいいと思います。

というのであれば、3GBくらいで契約するといいかなと。

この辺りはあなたのネット使用量によって変わりますね。

月下旬の24日までに翌月のデータ通信プランは変更できるので、初月は様子見てお好みのプランを選択ください。

 

DMMモバイルにも5分通話定額プランが登場!

大手キャリアに標準装備されている通話定額プランがDMMモバイルにもやってきました。

  • 国内通話は回数無制限でかけ放題!
  • 5分以内の国内通話何度かけても通話料定額 !
  • 5分を超えた場合も通話料が半額!
  • 通常の電話回線をそのまま使用するので、途切れることなし!

私は基本長電話をしない性質なので、5分以内で十分賄えています。

もしする場合も今はLine電話などがあるので大丈夫そう。

5分かけ放題で月額850円です。

 

まとめ

いかがでしたか?

艦これ専用のサブ機としてだけでなく、メインとしても十分使えると思います。

もっとディープに艦これを楽しみたい

とにかくスマホ料金を抑えたい

そんなあなたにオススメです!

DMMmobile

広告を非表示にする